オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2014年04月15日

春  力強く

 加古川の寺ツバキが咲きだしたと新聞に載っていたので
 観に行ってきました。
 30年程前に住職様が境内の路地や鉢植えでツバキを
 育て始め今では約200種類500本があるそうです。
 西洋シャクナゲも早くも咲いていました



 一番気になったのは大きな木に「黒ツバキ」が咲いていました花は小さいですが
 沢山咲いていて珍しい色に魅了されました。



 他には色とりどりの椿が咲いています、どのツバキも一輪が大きいのに目を見張ましたねー
 住職様は「はかなく散る印象を持たれやすいツバキ実は花弁が大きく迫力のある
 春の花強く咲いている様子を楽しんでほしい」と話しておられました。



 旧お寺だったところにも立ち寄って見ると、少し遅いかなー?と思いながらも
 雪柳のトンネルです花は散り始めていましたが裾にはクリスマスローズが一面に咲いています





 タローも私のお供になって花見に行きました








 お寺の前にはプランターにお花が一杯です



 綺麗なお花を有難うございました花まる













  


Posted by タローの母 at 14:19Comments(18)